働くママにとって、子どもとゆったり過ごす時間って、なかなか作れないですよね。リビングに子どもも大人も嬉しいソファがあれば、家族みんなが集まってくるのに…。安全で、楽しくて、スタイリッシュなのに、手頃な価格! そんな夢のようなソファを作ったママ店長の思い、聞いてみませんか?


子どもと触れ合う時間、足りていますか?

ある日の、共働きママの一日

6:00/起床
6:20/子どもを起こす~朝食、身支度
7:20/子どもと一緒に家を出る

~ママはお仕事、子どもは保育園~

18:30/保育園へお迎え
19:00/帰宅~夕食
20:00/お風呂
21:00/寝かしつけ

これは、ご紹介する「かぞくのソファ」を製造販売する『こどもと暮らし』の店長・田中あずさ(たなか・あずさ)さんの、平均的な平日のスケジュール。共働きの読者の皆様だったら、すごく共感できませんか?


田中店長は思いました。


「子どもと一緒にリビングで過ごせる時間って、一日にどのくらいなんだろう」

朝晩の慌ただしい食事や身支度の時間を抜かすと、「一日に平均2時間くらいしか子どもと触れ合えない。それに、朝早く帰りの遅いパパなら、30分も子どもと触れ合えないかも」。


そんな田中店長が、子どもと接する時間を多く持ちたい、リビングで家族みんなで過ごしたいという思いから「かぞくのソファ」を開発したのは、とても自然な流れでした。


面白い形のソファには、理由があります

子どもが遊ぶ、基地みたいなソファ

たっぷりとした奥行は、赤ちゃんと一緒にくつろぐのにぴったり!

Varmee(ヴェルミー)編集部が特に注目したのは、座面の奥行きの広さ。背もたれまで65㎝もあるんです。


奥行きが広いソファ

子どもの成長に合わせて取り外し可能な、天然木の足も魅力です

「赤ちゃんを寝かしつけるときに、便利なんですよ」と田中店長。疲れたら、ママも一緒に添い寝ができるくらいの余裕あるスペース感。お休みの日には、背の高いパパも寝ころべます。

それに、ソファの上であぐらもかけたり、座面のほどよい固さが立ち上がりやすかったり、細部にまで愛情とこだわりがたっぷり。

家族に優しい、ソファの形

ソファーサイズ表

背もたれクッションは、自由に動かせます

「山」と呼ばれる背もたれが左(もしくは右)にあって、アシンメトリー(左右非対称)にできていること。これって、購入される方の家の間取りに合わせて選べるようにしたいっていう、ショップのこだわりなんです。


完全に空間をさえぎることがない立体設計なので、リビングという空間に「動き」や「リズム」が生まれます。


そしてこの「山」が片側にあるお陰で部屋の導線がスムーズになるし、何より子どもたちが大喜び。部屋の中でさまざまな表情を作ってくれるので、子どもたちが遊びたがる!

「子どもが遊ぶ、基地のようなソファを作りたかったんです」と、田中店長。


リビングの真ん中に、ちょっと変わった形のソファがあって。ママがキッチンで料理をしていると、ソファで子どもたちが基地ごっこで遊ぶ。夕食後はパパも一緒に座って、みんなでお気に入りの絵本を読んだりして。


ママ目線で、たくさんの工夫をソファに込めました

アシンメトリーソファ

自身もママである田中店長。「自分と同じ共働きの人に届けたい」

「子どもが遊びたがるソファを作りたかったので、ちょっとした工夫もあるんですよ。だって、子どもが楽しそうに遊んでいるのに『やめて!』って言いたくないじゃないですか(笑)」(田中店長)

そう考えた田中店長がまずこだわったところが、クッション。


子どもが飛んだり跳ねたりすることを想定して、耐久性のある「ピュアウレタン」を選びました。子供は予想できない動きをするので、耐久性は家具選びではとっても重要。


再生ウレタンに比べて不純物が混ざっていないので固さが一定になり、耐久性が増すのが嬉しいですよね。それと、忙しいママが急に立ち上がりたい時にちょうどいい固さってところにも、こだわりました。


ほかにも、ママ目線での優しさがたくさん!


こどもと暮らし田中店長

カバーが全部取り外せるのは、実はとっても助かります!

ママを悩ませる家事のひとつが、お掃除。なかでも、赤ちゃんのミルクの吐き戻しとか、ソファの上で粗相しちゃうこともしばしば。


「なので、ソファカバーは全部取れるようにしたんです」(田中店長)

ほとんどのソファは座面と背面は取れても、全部が取れるということはありません。ママ一人でも取り外しができる設計なので、子どもたちがドンドン汚しても、何にも気にすることはありません! ドライクリーニングで丸洗いしていつも清潔を保てるから、家族みんなの健康にも良いですよね。

家族の生活をハッピーにしたい

洗濯ができるソファカバー

作るみんながハッピーだから、ユーザーもハッピーになれる。左からデザイナー市川圭さん、坂本ひとみさん、田中あずさ店長、柏原靖子さん。

「子どもも大人も嬉しい」という気持ちを、とても大事にしているショップ、「こどもと暮らし」。


生活の真ん中に、「家族」を置くことの意味を、スタッフみんなが常に考えています。


以前、海外の工場でとても品質の悪い製品ができたことがあったとき、「こんなお客様が楽しみにしている」ということが分かる動画を作り、工場の現場の方に見ていただいたことも。


そして、自分たちの「想い」を理解してもらい、共感してもらった上で製品作りをしてもらって以来、不良品が出ることが極端に少なくなったそうです。


そんな、子どもや家族への愛情がいっぱいつまったソファ。笑ったり泣いたり。そんな素敵な家族の思い出を、たくさんたくさん作ってみませんか?




DATA

子どもと暮らしショップスタッフ

SIEVE(シーヴ)/かぞくのソファ

家族でくつろげる、アシンメトリーデザインの3人掛けソファ。脚をはずしてロータイプでも使用できます。

カラー
ブルー/グレー/ブラウン
素材
表地:ポリエステル100% 背クッション:グースフェザー50%、シリコンフィル50%
外寸
ハイタイプ時:幅180×奥行90×高さ67.5cm(座面高さ40cm)
ロータイプ時:幅180×奥行90×高さ55cm(座面高さ27cm)
重量
約46kg
購入できるお店
こどもと暮らし購入する

SELECTED SHOP

子どもと暮らしの田中店長

こどもと暮らし

家族が集まるリビングに置きたくなる、オシャレなキッズ家具・雑貨・インテリアを提案するお店です。