「子どもは大切、でも、仕事復帰したい」多くのママがそんな悩みを抱えています。“えんちょー”ことフリーアナウンサーの安田美香さんが育児についてゲストとトークする「ホリプロ保育園」で、いつもは聞き役に回るえんちょーが胸の内を告白。0歳児ママ(当時)の大堀恵さんと語り合いました。

「ホリプロ保育園『産後ママが仕事をしたいと思うのは罪!?』」主なトークテーマ

・産後の仕事、みんなどうしてる?【0分10秒ごろ】

・「仕事したい」って思うのは悪いこと?【2分40秒ごろ】

・産後の「孤独感」の正体は…【3分40秒ごろ】

【産後のお仕事】産後ママが仕事をしたいと思うのは罪!?#ホリプロ保育園 ※動画は2015年3月18日に公開されたものです

現役ママが「育児と仕事」をテーマに本音トーク

出産という大仕事を終え、赤ちゃんのお世話にも慣れてくると、仕事のことが気になってくるママも多いはず。出産前も含めれば数カ月から1、2年と仕事から離れているママも。


そろそろ仕事に戻りたい、でも、今は無理。ママたちが抱えるそんな悩みが『ホリプロ保育園』のこの日のテーマです。


冒頭、「私からもひとつだけ、お悩み聞いてもらってもいい?」と切り出した安田美香えんちょー。


2児の母でもある安田えんちょーは、「子どもはかわいい、でも仕事がしたい! そんな風に思う自分が子どもに申し訳なくて…」と胸のうちを明かします。

そんな安田えんちょーに、1児の母でタレントの大堀さんが伝えた思いとは…。

「今は育児をベースに」大堀さんの思い

2014年6月に女の子を出産した大堀さんは動画収録時、娘さんがまだ7カ月。おむつや授乳、1日に何度もあるお昼寝など、まだまだお世話に手がかかる時期です。


そんな大堀さんに、安田えんちょーが「仕事に行くとき、お子さんはどうしてるの?」と質問しました。


「主人が家でお仕事ができる日しか仕事ができないので、お仕事をいただいたら、まず主人とスケジュールを調整して、ダメだった場合は本当に申し訳ございませんっていうかたちで…。(スケジュールが)大丈夫なら主人に預けて 」(大堀さん)。

大堀さんは当時、保育園探し中でもあり、仕事などで一人で外出するためには、ご主人が自宅で娘さんを見ていられるタイミングであることが必須。


そのため、ご主人とスケジュールを綿密に打ち合わせ、その上で、3~4時間で帰宅が可能な仕事を優先させるなど、まだまだ仕事はセーブしているという状況でした。


大堀さんのように、産後まだ思うように働けていない、これからどうしよう…と悩むママは多いのです。


そして、大堀さんにはこんな思いも…。


「今は、“次の授乳までにできるだけ帰りたい”という気持ちも強いんです。娘の成長をそばで見ていたいので、お仕事は大好きなんですけど、娘の育児ベースでお仕事を考えさせていただいてます。仕事に出かけるときも、娘の切ない顔を見ると、すごく…」

まずはわが子のそばにいることを第一に考えたい。大堀さんは、素直な気持ちを口にしました。

ママが「仕事したい!」って思うのは、悪いこと?

そのとき、安田えんちょーの胸のうちには、大堀さんとは違ったこんな葛藤がありました。


「私、『仕事したい!』っていう気持ちが、産んでからも強くって。そう思う自分が子どもに申し訳なくて…」(安田えんちょー)。

すると、大堀さんは「そんなことないです。でもやっぱり、私はマタニティ中とか産後すぐはなかなかお仕事ができなかったので、その時正直不安にもなりましたし、帰る場所があるのかなとも思いました」。>

仕事はしたいけど、子どもと過ごす時間も大事。


子どもはもちろん大切だけど、仕事だってあきらめたくない。


どちらの気持ちもママの本当の気持ちだし、どちらを選んでも、きっと葛藤はあるはず。みんなに当てはまる答えなんてありません。


それならば、ママ自身が一番納得できる道を選んで、できるだけ毎日笑って過ごしたいですよね。


ママはみんな孤独を感じてる!

それぞれ悩みを抱えていた大堀さんと安田えんちょー。そんな2人の思いが一致したのは、産後ママの抱える孤独に話が及んだとき。


「(出産前後の)仕事ができない間、社会においてきぼりにされている感じがすごくして」と打ち明けた大堀さんに、

安田えんちょーも、「うん。子どもがいて、すごく幸せなんだけど、同じぐらいの孤独がやってくるんだよね、子育てって。なにこれ?どうなってるの、私?って、最初わけがわからなくて」と、深く共感。

赤ちゃんと2人きりの時間が長くなると、社会に取り残されたようで息苦しさや焦りを感じるママもいます。そして、そんな気持ちになること自体が、赤ちゃんに対して申し訳なくなることも…。


正社員、アルバイト、フリーランスなど働き方はさまざまでも、仕事から離れているママが感じる不安はみんな同じ。産後ママの心は不安定になりがちなのです。


悩んで悩んで、大堀さんはこんな答えを出していました。「やっぱり仕事が大好きだし、戻りたいなって。今はそんなに長い時間は娘と離れられないんですけど、いずれはしっかり戻りたいなっていう気持ちがあるので、それをベースに、ゆっくりにはなっちゃうと思うんですけど、考えていきたいと思っています」

きっと同じ気持ちのママがいる!

出産前後、どうしても生まれてしまう仕事のブランク期間をどう過ごすか、仕事復帰をどう進めていくかは、女性にとって大きな問題です。どうやって答えを見つけていけばいいのでしょうか。


・「仕事はもちろん大切だけど、今は子どもを一番に考えたい」と「子どもはかわいい。でも、やっぱり仕事が好き!」どちらの気持ちであっても自分を責めず、まずは自分の気持ちをしっかり受け止めよう。

・産後ママは孤独を抱えて、心も不安定になりがち。でも周囲には、きっと同じ気持ちのママがいる。実は孤独なんかじゃない!

・仕事復帰はママにとっての大問題。じっくり考えて、一番笑顔になれる答えを見つけよう!

一人ひとり働き方は違うけれど、今しかない子どもとの一瞬一瞬を大切に思う気持ちは同じ。安田えんちょーと大堀さんのように、ママ同士で悩みを打ち明けあうことが気持ちの支えになったりもします。


もしあなたが仕事への不安や言いようのない孤独を感じているのなら、そばにいるママに声をかけてみて。答えは自分の中にしかないけれど、他愛のないおしゃべりをすることがきっと、前に進む力をくれるはずです。



ホリプロ保育園

『ホリプロ保育園』とは本当の保育園ではありません。「あなたはひとりじゃない!つながるってすてき!」を合言葉に子育て中の家族の心によりそうWEBメディアであり、孤独になりがちな育児を楽しむヒントをお届けする、ホリプロのプロジェクトです。

HP:https://horiprohoikuen.themedia.jp/
LINE:http://qr-official.line.me/L/LDlGnKIwb8.png
LINEBLOG:https://lineblog.me/yasudamika/
LINELIVE:https://live.line.me/channels/295
Twitter:https://twitter.com/horiprohoikuen
Facebook:https://www.facebook.com/horiprohoikuen/
YouTube:https://goo.gl/f9xYDb
Google+:https://goo.gl/RBVdWi