ホリプロ保育園が実施した「手伝ってほしい/手伝いたい育児」のアンケート結果をきっかけに、くわばたりえさん&大堀恵さんと安田美香えんちょーのトークが白熱! 自分だけの時間がほしいママの気持ち、育児で感じる孤独、子どもの急な発熱に待機児童問題まで、語り尽くします。

「ホリプロ保育園『あなたが1番手伝ってほしい育児は?』」主なトークテーマ

・ママが手伝ってほしい育児、第1位は?【0分45秒ごろ】

・育児中にママたちが感じる“孤独”の正体は…?【1分45秒ごろ】

・パパが手伝いやすい育児ワースト1位から見えてきた“働くママ”の壁【4分15秒ごろ】

・育児を楽しくするヒントは、すぐ近くにあった!【7分50秒ごろ】

【待機児童・子供の突然の発熱 どうする?】あなたが1番手伝ってほしい育児は?アンケート実施! #くわばたりえ #大堀恵 #ホリプロ保育園 ※動画は2015年5月25日に公開されたものです

アンケートから読み取れる“育児の悩み”とは?

フリーアナウンサーの安田美香さんが“えんちょー”を務め、育児をテーマにゲストとトークを繰り広げる「ホリプロ保育園」では、育児家庭の男性(パパ)に「アナタが一番手伝いやすい育児は?」、女性(ママ)には「アナタが一番手伝ってほしい育児は?」を聞くアンケートを実施しました。


(男性が育児を中心的に行っている家庭では、それぞれ逆のアンケートに回答)その結果をもとに、ゲストの働くママ・くわばたりえさんと大堀恵さんが育児の悩みを徹底トーク!


選択肢は図の5下記の項目。

ホリプロ保育園アンケート

・おむつ替え・トイレトレーニングの手伝い

・保育園の送り迎え・行事参加

・ミルクをあげる・離乳食・ごはんの準備

・発熱時のお迎え・こどもが病気の時にお休みを取る

・ママにお休みをあげて留守番・子どもとおでかけする

このアンケート結果に、くわばたさんと大堀さんは思うところがあるようで…。

ママが“手伝ってほしい育児”は何?

まず“ママが一番手伝ってほしい育児”の第1位はやっぱり「ママにお休みをあげて留守番・こどもとお出かけする」でした。

アンケート結果(ママ)

1位:ママにお休みをあげて留守番・もしくはこどもとおでかけをする 39%

2位:保育園の送り迎え・保育園行事 25%

3位:発熱時のお迎え・こどもが病気中にお休みをとる 18%

4位:ミルクをあげる・離乳食・ごはんの準備 11%

5位:オムツ替え・トイレトレーニング

これにはスタジオの面々からも、「わかるわ。めっっちゃわかる」(くわばたさん)など、共感の声があがりました。

 

「ママにお休みをあげる」が大事な理由

そこからトークのテーマは“自分の時間がいかに大事か”に。大堀さんが「私、今(収録中)がそう(自分の時間)かもしれない。今、この時間」と明かすと、

 

くわばたさんも「私、専業主婦の方が大変やと思う。(仕事をしていれば、職場までの)行き帰りの電車とかでちょっとボーっとできるけど、そういう時間が専業主婦の人はないから」

 

安田えんちょーも「仕事に助けられてるって思うときありますよね」と、3人の働くママの意見は一致!

 

専業主婦や産休中、一日中子どもと2人っきりで向き合う大変さは、なかなか男性には理解されにくいもの。


「世の旦那さんたちは“毎日休んでる”って思ってるかもしれないけど、違う違う!」(くわばたさん)、

 

「(気が休まる時間が)1分もないですからね」(大堀さん)、それぞれ言葉には実感がこもっています。、

 

例えばおいしいお茶を飲んでホッと一息ついたり、好きなテレビ番組や本を読んだり、友達とおしゃべりしたり。そんな、ママとしてではなく自分のための時間がほしい、それが小さな子を育てるママの一番の願いです。

孤独な気持ちを抱え込まないで!

ママだって自分の時間がほしい!という話から、「子どもはもちろん大好きですよ。かわいいし。だけど…孤独というか…」と大堀さん。

ここで飛び出した“孤独”というキーワードに、くわばたさんと安田えんちょーも共感!


「社会に置いていかれた気がして(孤独だった)」。そんな気持ちを誰にも言えず一人で抱えていたという大堀さん。

それは、かわいいわが子とずっと一緒にいられるのに“孤独”だなんて言うべきじゃないという、わが子を愛するがゆえのジレンマ。心当たりのあるママも少なくないのでは? 


「言おうよ!」とくわばたさんに背中を押され、大堀さんも「言っていいんですか!」と笑顔に。


つらいとき、「つらい」と素直に言葉にするだけで、少し心が軽くなるもの。


「しゃべれば、育児はちょっと楽になる」は、ホリプロ保育園のテーマの一つ。つらいこと、悩んでいること、抱え込まなくていいんです!

パパが”手伝いやすい育児”は何?

一方、男性の「一番手伝いやすい育児」1位は「おむつ替え・トイレトレーニング」。


2位が「ママにお休みをあげる」と「ミルクをあげる・離乳食・ごはんの準備」。


そしてワースト1位は「発熱時のお迎え・こどもが病気のときにお休みを取る」という結果になりました。


アンケート結果(パパ)

1位:オムツ替え・トイレトレーニング 31%

2位:ママにお休みをあげて留守番・もしくはこどもとおでかけする 23%

2位:ミルクをあげる・離乳食・ごはんの準備 23%

4位:保育園の送り迎え・保育園行事 15%

5位:発熱時のお迎え・こどもが病気中にお休みをとる 8%

発熱時のお迎えは“ママ任せ”という実態

なかでも難しいのが、「発熱時の園への早お迎えを誰が行くのか」問題。アンケートでは、子どもが熱を出したときに園に迎えに行くと答えた男性は、わずか8%だったそう。


誰かが行かなければいけない「発熱時のお迎え」、現状では残りの9割をママがどうにかしなければいけない、ということに。


しかも、くわばたさん&安田えんちょーが「保育園に通い始めた最初の3か月は(熱で)毎日のようにお迎えだった」と声をそろえるように、園での発熱はとくに入園したての子どもたちが必ず通る道、とすらいえるのです。

働くママにとって、これは大問題。現状では、ママがそれぞれ、職場の協力を得たり、ときにはおじいちゃん、おばあちゃんにお願いしたりと苦心しながら乗り切っているのです。


大問題といえば…“待機児童問題”も

するとここで大堀さんが、「まず保育園に入ることなんですよ、うちは」と、“待機児童問題”に直面していることを告白(当時)。

執筆業で自宅にいるご主人とスケジュールをパズルのように組み合わせて仕事をこなしているといい、「今(収録)も主人が2時間だけ子どもを見て、そのあと主人もすぐ打ち合わせがあるので(帰らないといけない)」と明かします。

子どもが保育園に入っていても、入っていなくても、“ママが働く”ことへのハードルは高い、と言わざるを得ない状況。ママたちは、時間をやりくりして頑張っています。

ママだって最初は育児初心者だった!

自宅で子どもを見ながら仕事も続ける大堀さんにとって、一番の味方はやはりご主人。


「うちは最初から(里帰りせず)二人で育てたので、おむつ替えも子どもをお風呂に入れるのも、何でもできるんですよ。最近は離乳食も作れるようになったし、お洗濯とかもしてくれるし」(大堀さん)。

育児に家事にと、子育て家庭で日々こなさなければならない仕事は膨大。特に新生児期は、2~3時間おきの授乳・ミルクとおむつ替えだけで1日が過ぎていきます。


それを一人でやるか、二人で協力するかで、育児の担い手にかかるストレスはまったく違ってくるのです。問題は、パパが「子どものことは、ママの方が上手だから…」と引いてしまうこと。


くわばたさんはいいます。「私だって、新生児を抱っこするのも、おむつ替えも初めてだった。“ママならできるけど、俺にはできない”って、それは違うよ! ママも、最初はできないところから始めて、頑張ってる。お互い、できない同士頑張ろうなって思う」

例えば、アンケートで男性が一番“手伝いやすい”と答えたおむつ替えなど、パパが何かひとつ「これならできる」と自信を持てるものを見つけることも、育児参加のきっかけになるかもしれません。

パパとママ、二人で育児を楽しもう

今回のポイント

・ママが“手伝ってほしい育児”第1位、パパの“手伝いやすい育児”2位は「一人の時間がほしい!」。パパに活躍してもらって一人の時間を確保しましょう!

・子育て中の「孤独」「寂しさ」「つらさ」…“言っちゃダメ”なんてことはない! 口に出せば少し楽になる!

・育児はママにとっても「初めて」。パパと一緒に初めてをたくさん共有しよう!

アンケートから見えてきたのは「お休みがほしい、一人の時間を持ちたい」というママの気持ち、そして、子どもの発熱時の園へのお迎えはほとんどママが担わざるを得ないという厳しい状況。待機児童も大きな問題です。


でも、パパとママが支え合うことで育児は少し楽になる、というヒントも見えてきました。ママだって最初から赤ちゃんのお世話が得意だったわけではありません。お互いができるところを補って、二人で育児を楽しみたいですよね。


ホリプロ保育園

『ホリプロ保育園』とは本当の保育園ではありません。「あなたはひとりじゃない!つながるってすてき!」を合言葉に子育て中の家族の心によりそうWEBメディアであり、孤独になりがちな育児を楽しむヒントをお届けする、ホリプロのプロジェクトです。

HP:https://horiprohoikuen.themedia.jp/
LINE:http://qr-official.line.me/L/LDlGnKIwb8.png
LINEBLOG:https://lineblog.me/yasudamika/
LINELIVE:https://live.line.me/channels/295
Twitter:https://twitter.com/horiprohoikuen
Facebook:https://www.facebook.com/horiprohoikuen/
YouTube:https://goo.gl/f9xYDb
Google+:https://goo.gl/RBVdWi