2002年2月に設立されたブランド「+ d (プラスディー)」。「+ d 」から生まれるデザインプロダクトは、手にしたとき、思わず微笑んでしまう、いつもの生活をちょっとだけ楽しくしてくれる個性的なものばかりが揃います。デザイナーと作り手の発想と技術、そしてエンドユーザーへ届けたい想いが詰まっています。

日常に楽しさと彩りを添える、デザイン雑貨の魅力

アッシュコンセプトの代表・名児耶秀美さん

アッシュコンセプトの代表・名児耶秀美さん

アッシュコンセプトのオリジナルブランド「+ d 」は、「驚き」「おかしさ」「やすらぎ」、何が生まれるのかを楽しみたい……といったデザイナーと作り手の、発想と技術から生まれました。


例えば、2002年にブランド第1号として誕生した動物型のシリコーン製輪ゴム「アニマルラバーバンド」。カバやキリンなど動物の形をした輪ゴムが、何度使っても元の動物の形に戻る。


その愛らしさに、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のショップのバイヤーが目をつけ、今では約30ヵ国以上で販売されている人気商品となっています。


2002年の夏、アメリカでデビューしたアニマルラバーバンド

2002年の夏、アメリカでデビューしたアニマルラバーバンド

名児耶秀美(なごや・ひでよし)さんも「デザイナーと一緒に物に込められる想いを実現するのが、この「+ d 」というブランドの役割。このブランドの商品には”感動"がありますよ」とニッコリ笑います。


そんな日常の楽しい瞬間を増やしていくのが、「+ d 」の魅力。では具体的にどんな商品があるのでしょうか。

かわいくて面白い! 使う人の笑顔を引き出す商品の数々

使うのがモッタイな~い「アニマルラバーバンド」

輪ゴムらしくない、動物モチーフとカラフルさが今までになく斬新なアニマルラバーバンド

色とりどりの動物達…。輪ゴムらしくない、動物モチーフとカラフルさが今までになく斬新 

この輪ゴムには『使い捨てではなく、物を大切にしようよ』という、製作デザイナーからのメッセージが込められています」(名児耶さん)。


意外と生活の中で利用頻度が高い輪ゴム。その輪ゴムがこんなにかわいかったら、大切に使いたくなりますね。使っても使っても、元のかたちにきちんと戻る、動物型の不思議でかわいいシリコーン製の輪ゴムです。


ただかわいいだけでなく、耐候性に優れているため、すぐにちぎれたりせず長期間にわたり使えるのも嬉しいです。


さらにパッケージの裏に書かれた注意書きにもちょっとした遊び心が。


動物の気持ちになったつもりで、「長い間仕事すると疲れるので、休ませてあげてネ。」とか「あんまり強く引っ張ると、死んじゃうので無理をさせないでネ。」「マイナス40℃でも、ヘッチャラです。」などのメッセージが書いてあって、心がなごみます。


ダチョウ、ゾウ、カンガルー、キリン、カバ、サイが入った「Zoo」、身近な動物をモチーフとした「Pet」、恐竜がモチーフの「DINO」、牧場がテーマの「Farm」など、動物の種類も豊富です。


「Zoo(ズー)」「Pet(ペット)」「DINO(ディノ)」「Farm(ファーム)」

左から「Zoo(ズー)」「Pet(ペット)」「DINO(ディノ)」「Farm(ファーム)」

アニマルラバーバンドがあれば食べ残しのお菓子の袋を縛ったり、紙を束ねたりするときにちょっとしたユーモアを発揮。輪ゴムをとりはずしたとたんに動物たちが出現するなんて、きっと子どもたちに大ウケでしょう! キッチンや書斎に飾ってもかわいいです。


ブランド名/商品名
+ d (プラスディー)/Animal Rubber Band(アニマルラバーバンド)
価格(税抜)
6P 300円~/ギフトボックス 500円~ 購入する

ストレス解消にもってこい「カオマル ブラウン」

握った感触が病みつきになるカオマル

握った感触が病みつきになりそう!

ストレス過多の現代社会。あなたはどのようにストレスを解消していますか? 


一見何に使うかよくわからないのに、意外とハマってしまうのが、「+ d 」の隠れたヒット作「カオマル ブラウン」。


「気持ち悪いような気もするけど、このファニーな表情を見ると、ついつい“ニギニギ”しちゃうんだよね」(名児耶さん)。


顔のタイプは4種類。青ざめている「ゲッ!」安心した「ホッ!」明るい笑顔の「ニッ!」ふくれっつらの「プー!」。


どの顔をとっても憎めません。


「ゲッ!」「ホッ!」「ニッ!」「プー!」

左から「ゲッ!」「ホッ!」「ニッ!」「プー!」

つぶしてもすぐに元通りになるので思いっきり握ってもOK。リラクゼーショングッズとして握ることで「ストレッチ」にもなりそうです。


一日に何時間も携帯電話をいじっていると意外と「手」に疲れが溜まるので、たまにはストレッチしてみてはいかがですか?


もちもちっとして、でも決してベタつくわけでもなく…。


一度握れば手放せないこの感触、ぜひ味わってみてください! ユニークな顔を見てるだけでクスッとなりますよ。



ブランド名/商品名
+ d (プラスディー)/ CAOMARU BROWN(カオマル ブラウン)
価格(税抜)
2,500円 購入する

待ち時間にほっこり「カップメン」

ユーモラスで笑いを誘う姿のカップメン

ユーモラスで笑いを誘う姿が、待ち時間を楽しくさせる

「『不況の時だからこそ、ふざけたことを』という思いから、この商品は生まれました。
ブランドの認知度を向上させたこのグッズは、最初は男性だけだったけど、女の子が加わったり、双子の赤ちゃんが生まれたり……。気づいたらデザイナーの遊び心が広がっていきましたね」
(名児耶さん)。


カップラーメンにお湯を注いだ後の過ごし方は人それぞれ。たった3分といえど、その時間は大切です。普段忙しくて時間の取れないママとパパ。こんな時くらい、お子さんと一緒に3分間じっくり待ちながら過ごす時間を、大切にしてみてください。


カップウーメン

こちらは女の子。寝そべって、怠けているように見えますが、しっかり蓋を押さえています

必死にフタを押さえる姿がなんとも愛らしい上に、機能性にも優れたしっかりもの。カップラーメンに限らず、蓋のある容器ならなんでもフィットし、食べごろまでしっかり押さえてくれることでしょう。


しかも熱に反応し、体の色が変化するというユニークさを併せ持っています。


使わないときはかわいらしい“癒しのオブジェ”に早変わり!観る人の心を和ませてくれますね。


ブランド名/商品名
+ d (プラスディー)/Cupmen1(カップメン1)
価格(税抜)
800円 購入する

子どもから大人まで楽しめるオブジェ「ポップアップアニマル」

立体の動物オブジェへ

1枚のシートを自由に折り曲げ、立体の動物オブジェへ

お料理やDIYなど、一心不乱に想像力を働かせながらモノ作りをすると、無心になれたりませんか?


「ポップアップアニマル」は、1枚のシートから立体の動物のオブジェができあがります。


ちょっとした空き時間や家で過ごす休みの日にぴったりの手軽さ。お手軽な時間潰しのつもりで始めたつもりが、よりリアルさを追求しようと時間を忘れてついついのめり込んでしまうことでしょう。


一見紙のように見えますが、実はポリウレタン製の合成皮革とアルミニウムを貼り合わせた特殊な素材。


折ってみると、自由に折り曲げられその状態をキープすることができるので、動きをつけたり自分の好きなポーズに変えられます。


作っているうちにできるシワが、本当の動物のように皮膚の表情をリアルな雰囲気へと醸し出していくのも魅力です。


ポップアップアニマル

アルミニウムを表向きに折ると、ロボットのような雰囲気にも!?

完成形が決まっているオブジェと違って、伸ばす、丸める、広げて、またクシャクシャにしてみる。と繰り返し遊べるのが魅力です。


ラインナップはゾウ、キリン、ゴリラ、クマの4種類。同じ動物でも作る人によって仕上がりに個性が生まれます。


「友達や家族と一緒に作ったら、間違いなく盛り上がります。意外と正しい動物の形って覚えてないんですよね。時間があっという間に過ぎてくと思いますよ」(名児耶さん)。



ブランド名/商品名
+ d (プラスディー)/Pop Up Animal(ポップアップアニマル)
価格(税抜)
800円 購入する

遊び心のある雑貨が、暮らしを楽しくする

愛着を持って使ってもらおうと開発された「アニマルラバーバンド」

愛着を持って使ってもらおうと開発された「アニマルラバーバンド」。2000万匹以上を世界に放つ!

「価値のあるデザインで世の中を元気づけたいですね。日本のデザイン力は世界一だと信じています」と話す名児耶さん。


心地よいプロダクトは部屋にあるだけで嬉しくなるもの。


「+ d 」の商品を通して、暮らし自体を楽しむことができたなら、日々の生活が今以上にもっと楽しくなるのではないでしょうか。


日常で大切なもの、当たり前のように存在するものをデザインするときに、ユーモラスな形になり、個性としてユーザーに受け入れられてきた「+d」。新しいデザインのあり方を提示する「+d」の商品は、きっとそばにあるだけで気持ちをハッピーにし、楽しい日々を運んできてくれることでしょう。


SELECTED SHOP

KONCENT(コンセント)公式オンラインショップ

アッシュコンセプトのオリジナルブランド“+d”から発信する製品をはじめ、さまざまな企業や産地とつくり上げてきた製品を届けています。


公式サイト:http://koncent.jp/