ただ空腹を満たすだけでなく、おいしいものを食べるとうれしくなります。できることならば、大好きなものをお腹いっぱい食べたい。けれど、カロリーや糖質、安心・安全な素材など、口に入れるものだからこそ、いろいろと気になります。

毎日食べるものだから、こだわりたい

食べ物を選ぶとき、あなたが気にしていることは何ですか? 


ダイエット中であればカロリーや糖質が気になりますし、体に優しいものを食べたいのであれば無添加や国産といった素材の質、そして手作りで生産者の顔が見える生産体制かどうかということも気になるかと思います。


特に毎日の食卓にのぼるものこそ気をつけたいというあなたに、おすすめFOODを3つご紹介します。



ちゃんとおいしいのに、低糖質生パスタ「ロカボーノ」

低糖質生パスタ「ロカボーノ」使用イメージ

パスタは太るというイメージをお持ちではありませんか? 


どんな食べ物でも食べ過ぎれば太るのかもしれませんが、大好きなパスタも「太るかもな~」と気にしながら食べていては味けないだけ。安心して食事を楽しむことができません。


低糖質生パスタ「ロカボーノ」は、一般的な乾燥パスタと比較して大幅に糖質をカットしているだけでなく、現代人が不足しがちだとされる食物繊維を豊富に含んでいます。添加物は使用されていません。


ダイエットに励む人から低糖質が注目され、低糖質パスタを多く見かけますが、「ロカボーノ」は糖質を下げることに特化するのではなく、生パスタとしてのおいしさも追及。


使用する小麦粉を厳選し、配合量を独自に調整することで、“低糖質だから食べる”ではなく、“おいしいから食べたい”パスタに仕上げています。


味はプレーン、トマト、ほうれん草、サフラン、イカスミ、ビゴリからお好みをチョイス。ロングパスタだけでなく、ショートパスタのペンネもあります。


低糖質生パスタ「ロカボーノ」商品画像

ブランド名/商品名
プリマパスタ/低糖質生パスタ「ロカボーノ」
価格(税抜)
430円
発売元
株式会社プリマ・パスタ 購入する

砂糖不使用で自然な甘み、「オールフルーツジャム」

オールフルーツジャム使用イメージ

焼きたてのトーストに、バターとジャムをさっと塗っていただきます! そんな朝食で朝を迎えられたら、その日は一日元気に過ごせそうです。


『サンクゼール』の「オールフルーツジャム」は果物が持つ自然な甘さをいかし、砂糖不使用で仕上げられた糖度42度未満の低糖度ジャム。


濃厚な甘さよりも、さっぱりとした軽やかな味わいが好きな方、そして甘いものは食べたいけれど糖度が気になるという方にも支持されています。


1999年から発売しているロングセラーですが、2017年5月にリニューアル。


加熱による風味や色の劣化を抑えるために低温調理製法、そして最初に投入した果実でコクを出し、コクが出たところで残りの果物を投入するという二段仕込み製法を取り入れるなどし、今まで以上に味にこだわったジャムに生まれ変わりました。


いちごやブルーベリー、いちじくなど全11種類。選ぶ楽しみが、食卓を華やかにしてくれます。 


オールフルーツジャム商品画像

ブランド名/商品名
サンクゼール/オールフルーツジャム
価格(税抜)
560円
発売元
株式会社サンクゼール 購入する

プロの味を家庭でも楽しめる「茅乃舎だし」

茅乃舎だし使用イメージ

自然食の店『茅乃舎』の料理長が、家庭でも本格的な和風だしを使いやすいようにと工夫して仕上げた「茅乃舎だし」。使い方はとても簡単で、水をいれた鍋にだしパックを入れて、沸騰後に1〜2分煮出すだけです。


毎日みそ汁を飲みたいけれど、だしを取るのがおっくうだという人に最適。これなら忙しい朝でも短時間でだしを取ることができますね。


「茅乃舎だし」の味のベースは4種類の国産素材。九州ではなじみの焼きあご(トビウオを焼いたもの)、広葉樹を燃やしながら半月かけてじっくりいぶしたかつお節、濃いうまみとほのかな甘みがあるうるめいわし、そして甘みが強いだしになる真昆布を配合。


化学調味料・保存料は無添加という素材への強いこだわりが安心感につながります。


「茅乃舎だし」をだしとして使った後は、だしパックを破いて中身の粉末を取り出し、調味料としても使うことができます。新しい調味料の一つとして活躍しそうです。


茅乃舎だし商品画像

ブランド名/商品名
茅乃舎/茅乃舎だし(8g×30袋入)
価格(税抜)
1,800円
発売元
株式会社久原本家 購入する

すべては、「おいしい!」のために

おいしいものを安心・安全にという作り手の愛情がこもった厳選FOODが食卓に並べば、暮らしがちょっとだけ上質になったように感じます。


全国各地からこだわりの一品を取り寄せて、食生活をおいしく楽しんでみてください。