日本で初めて女性専用のジーンズを作ったブランドSweet Camel(スウィートキャメル)が、2017年に新たに立ち上げたNewライン「AZURITE(アズライト)」。履き心地がよくて本物志向、そんな両方のいいとこどりを、40年近くににわたる経験と独自の製法で実現しました。

運命のジーンズに出会うには?

様々なショップで様々なスタイルのジーンズが並ぶ中、自分に合う「運命の1本」を見つけるのは決して容易なことではありません。


サイズ、色、デザイン……憧れのブランドジーンズを買ったはいいものの、いまいちフィットしなくて履かなくなったり、ショップで何度も試着するのがおっくうになって、値段の安さだけで選んでしまうことも。


そんなジーンズ探しの旅に、ひとつの答えを出したのが「AZURITE(アズライト)」 です。


「AZURITE」 には2つのスタイルがあります。すっきりストレートなテーパードは「AMETHYST(アメジスト)」。ほっそり美脚シルエットのスキニーは「EMERALD(エメラルド)」。


驚きのストレッチ性で履きやすい、アンクルスキニー(EMERALD)

ネーミングから連想されるように、どちらも深い青が印象的です。裾やポケットに施されたヴィンテージ加工も、ほどよい“履きこなし感”を演出しています。


実際に履いてみて気づくのは、驚くほどのフィッティングの良さ。ジーンズらしい綿の“ぱりっ”とした感触は残しながら、ストレッチ素材で体にぴったりフィットします。


鏡でポーズをきめた瞬間だけでなく、歩いているとき、腰かけたとき、アクティブに身体を動かすとき、あらゆる場面でボディラインを美しく見せてくれます。


毎日忙しく生活する現代の女性にとっては、デザイン性と機能性を兼ね備えた魔法のようなジーンズです。

私たちが"いま履きたい"ジーンズを

AZURITEの生みの親は、1979年に誕生したSweet Camel(スウィートキャメル)。もともと男性の作業着だったジーンズを、女性のためのファッションアイテムとして生まれ変わらせた、日本初の女性専用デニムブランドです。


カーヴィな女性の身体を美しく見せるシルエットのジーンズをさまざま開発してきましたが、ジーンズを履く世代の年齢層の広がりとともに好みも多様化。


また、ジーンズを履くシーンも日常生活だけでなく、職場や外出など増えてきたため、オールマイティで履けるジーンズを求める声は年々高くなっています。


そこで「現代の女性たちが、いま本当に履きたいジーンズを作りたい」という思いから、Sweet CamelのNewラインとして「AZURITE」 が誕生しました。


「開発では、女性たちの声を聴くところから始めました。全国にあるSweet Camelショップの販売員や女性社員200名を対象にアンケートをとって、彼女たちから実際にSweet Camelを履いたときの率直な感想を聞かせてもらいました」と語るのは、タカヤ商事株式会社・東京支社のジーンズ事業部でECチーム長をつとめる靏田梨恵(つるた・りえ)さん。


タカヤ商事株式会社・ジーンズ事業部の靏田梨恵さん

「Sweet Camelに長年携わっているとはいえ、自分たちが気づかないことも多くて。また、それぞれの世代ごとに好みも違っていたので、アンケートの結果から最終的に2種類のデザインに絞り込むのは、本当に大変な作業でした」(靏田さん)。

女性の声を反映した"本物志向"のジーンズ

いくつものパターンを起こして、さまざまな議論を重ね、およそ1年の開発期間を経て完成。従来の「ソフトな女性らしさ」から一度離れて、「男の作業着」という ジーンズの原点に戻すところから始めたそうです。


アンクルテーパード(AMETHYST)のバックスタイル

お尻の部分、後ろ中心が左右の縫い目がズレているのが分かりますか? デニム生地を縫い合わせる際、重なり部分に厚みがでて縫いづらくなるためにわざとズラして縫製したという、ジーンズ黎明期の名残り。


「ジーンズの原点に戻る」という点をふまえて、AZURITEではあえてデザインとして残しています。


同様に、ウエストラインもまっすぐ一直線のメンズ風。ですが、くびれのある女性の腰回りにフィットするようにと、実は微妙に弧を描いたカッティングが施されています。


だから、椅子に座ったときに背中のあたりに隙間ができる、なんていうことはナシ。見た目にはメンズライクでも、女性らしいシルエットを保つ工夫も忘れない。長年女性のジーンズを作り続けてきた老舗だからこそのこだわりです。


「アンケートの中でも多かったのが、綿100%のジーンズ。でも、ストレッチ素材の履き心地の良さも捨てがたい。なので『AZURITE』 では、ストレッチでありながら綿100%に見えるような顔に仕上げています」(靏田さん)。


テーパードスタイルのAMETHYST着用。同じスタイルでも、色の濃淡で印象が変わります

AMETHYSTとEMERALD、どちらも濃淡2色の展開。どちらのカラーも少し落ち感のある色使いで、長く着こなした綿100%の風合いを表現しているそうです。


ちなみに「AZURITE」 ではジーンズに加え、ホワイトシャツのセットアップスタイルを提案しています。ジーンズと相性ばつぐんのホワイトシャツも新発売。


スタンダードシャツ(QUARTZ)

デニム+ホワイトシャツという、定番中の定番コーディネイトにもかかわらず、カジュアルすぎないスタイリッシュな着こなし。普段着はもちろん、ちょっとした外出にもふさわしい「特別感」を演出してくれそうです。

履くと実感。女性に寄り添うジーンズ

靏田さんいわく、Sweet Camelのお客さまには何十年来の愛用者も多く、毎シーズン購入する方も少なくないそう。


女性専用ジーンズとしてのこだわりが、いかに大勢の女性たちを満足させてきたのかが伺えます。それは「AZURITE」 もしかり。40年近くわたって得てきた定評が、「AZURITE」 によって、さらに次の世代へと受け継がれてゆくことになりそうです。


ジーンズ事業部ECチーム 靏田梨恵さん(左)と緒方えみ(おがた・えみ)さん(右)

「まずは一度、履いてみてください。素材の良さ、履き心地の良さを実感しいただけると思います。日常的に履くものだからこそ、本当に自分に合ったものを選んでほしい。一度履いていただければ、もうほかのジーンズには戻れなくなると思いますよ」(靏田さん)。


メンズライクなデザインで凛々しさを、しっかりフィット感で女性らしさを。仕事も家庭もプライベートも、つねに全力でいたい現代女性の日常生活に、文字通り「ぴったり寄り添う」ジーンズ、「AZURITE」 。


履き心地の良さとデザイン性を兼ね備えた理想の1本に、ようやく出会えるかもしれません。



DATA

AZURITE(アズライト)

1971年、日本で初めて女性専用ジーンズのブランドとして誕生したSweet CamelのNewライン。女性が「いま履きたい」と思えるデザインと、履き心地の良さを追求した、未来へ残る「新しい定番スタイル」のデニムです。

種類
アンクルテーパード(AMETHYST)/アンクルスキニー(EMERALD)
素材
アンクルテーパード:綿99% ポリウレタン1%
アンクルスキニー:綿91% ポリエステル6% ポリウレタン3%
サイズ
S/M/L
カラー
R4=濃色/S4=中色
購入できるお店
Denim Life(デニムライフ) 購入する

SELECTED SHOP

Denim Life(デニムライフ)

1979年、日本で初めて女性専用ジーンズブランドSweet Camelを販売したタカヤ商事が運営。Sweet Camelを中心に、長年培ってきた素材加工や製法技術から生まれた美しいシルエットのジーンズを取り揃えています。


公式通販:http://denimlife.jp/